NO IMAGE

自宅の漏水事件 その4

自宅のユニットバスが使えない

 

これ結構ダメージきますわ。

 

銭湯にいくだけで1時間ほどかかるし、

 

開いている時間帯も限られる。

 

 

で、珍しく出張とか、早朝会議とか、

 

後は母親の介護とかあると、

 

もう調整がめちゃめちゃ。

 

冬だから良かったけど、夏だったら、もっと酷いでしょうが、

 

それでも、スケジュール調整で苦労しました。

 

 

良かった点は、

 

「貸し物件じゃなくて、良かったこと」

 

かと。

 

こんな状況が入居者さんに起こったら、

 

十中八九、「退去」してますわ。

 

お風呂使えない部屋なんて、カネ出す意味あるのか!?

 

と怒り狂うと思いますね。

 

ジブンの物件でよかったとは思います。

 

後は、

 

「瑕疵保険の適応範囲内でよかったかも」

 

この”時限爆弾”みたいな瑕疵が、2年、3年後に発生したら、

 

目も当てられない問題に突入していたかと。

 

他には、

 

「水道屋さんは、信頼できる職人さんに任せましょう」

 

かなぁ-。確かに、リフォーム時の見積もり金額を見て、

 

”あれー、こんな金額で既存の風呂からユニットに

 

  交換できるんだ?”

 

と、グスタフの”違和感”はあったんですよね。

 

そういう面からみると、この勘は正解だったんだなーと。

 

でもねぇー、

 

「この見積もり安いんじゃないの?大丈夫?」

 

とも突っ込めないですしねー(笑

 

 

まぁ、色々と学びはあったのですが、

 

今週からやっとユニットバスを利用開始。

 

お風呂の有り難味を感じてます。

 

でも、まだまだ内装は未完成状態。

 

この件、逐次アップデートしますんで、

 

引き続きよろしくお願い致します!

 

 

NO IMAGE

自宅の漏水事件 その3

知り合いの管理会社勤務の人と話をしたところ、

 

「マンションにとっての漏水事件は鬼門」

 

とのことで、今回のケースは、通常の保険ではカバーできないから、

 

グスタフさん、自腹覚悟しておいたほうがいいですね、

 

なんて脅されていたのですが。

 

 

なんせ、水道会社の方は、

 

・「施工時の写真は残ってないので、どうやったか?わかりません。ウチじゃないかもしれないと思います。」

 

・「施工時の担当辞めちゃったので、詳しい工事内容わかりません」

 

とか、まぁ業界的にしょうがない感じはありますが、対応がイマイチな感じだったので

 

「もめるかな?」と思いましたが、あっさり認めてくれました。

 

結果的には、施工の水道会社の「保険」で損害をカバー。

 

ホッとしてます。

 

どうも、

 

「施工から1年以内に発生した瑕疵などは、施工会社の保険でカバーする」

 

みたいな契約にしていたようで、なんとか助かりました・・・

 

 

配管の接続、水漏れした下の階の部屋の原状回復、

 

ウチの台所の床補修、その他もろもろで、

 

数十万円はフッ飛びそうな感じ。

 

施工会社もちゃんとやればよかったのにねぇ、と思います。

 

まぁ、原因が分かって、良かったのですが、

 

その後、が大変。

 

 

下の階に謝りもワタクシが主体で対応。

 

施工会社はエビのように腰を折って、後ろ向き。

 

 

その後は、

 

「ユニットバス使用禁止」

 

となり、気軽にお風呂に入れず。

 

遠い銭湯や、プールのシャワーを利用して、対応。

 

 

後は、

 

「施工日が全然決まらない」

 

まずはシャワーを浴びれる環境にして欲しいけど、

 

職人の手配がままならず、

 

施工日が決まらない。

 

 

そんな忍耐を強いられる状況でしたわ。

 

---- つづく ----

NO IMAGE

自宅の漏水事件 その2

結局原因が不明ですが、

 

ウチのリフォームの際の問題じゃないか?ということで、

 

新設したユニットバスが問題じゃないの?ということで、

 

壁を開けて中を確認すると・・・・

 

 

なんと、ユニットの配管と、下水の配管が接続ではなく、

 

隙間があって、そこから何かのゴミがたまったせいか、

 

水が流れず、結果的にユニットバスの下に水が貯まり、

 

そこがあふれて水が漏れたとのこと。

 

#分かりにくいような、この説明・・・・

 

 

結局、原因は、「ウチのリフォーム」ってことで、

 

急いで、施工請負と施工した水道業者に連絡。

 

実際に見てもらうことになりました。

 

---つづく----

スポンサーリンク