NO IMAGE

自宅の漏水事件 その3

知り合いの管理会社勤務の人と話をしたところ、

 

「マンションにとっての漏水事件は鬼門」

 

とのことで、今回のケースは、通常の保険ではカバーできないから、

 

グスタフさん、自腹覚悟しておいたほうがいいですね、

 

なんて脅されていたのですが。

 

 

なんせ、水道会社の方は、

 

・「施工時の写真は残ってないので、どうやったか?わかりません。ウチじゃないかもしれないと思います。」

 

・「施工時の担当辞めちゃったので、詳しい工事内容わかりません」

 

とか、まぁ業界的にしょうがない感じはありますが、対応がイマイチな感じだったので

 

「もめるかな?」と思いましたが、あっさり認めてくれました。

 

結果的には、施工の水道会社の「保険」で損害をカバー。

 

ホッとしてます。

 

どうも、

 

「施工から1年以内に発生した瑕疵などは、施工会社の保険でカバーする」

 

みたいな契約にしていたようで、なんとか助かりました・・・

 

 

配管の接続、水漏れした下の階の部屋の原状回復、

 

ウチの台所の床補修、その他もろもろで、

 

数十万円はフッ飛びそうな感じ。

 

施工会社もちゃんとやればよかったのにねぇ、と思います。

 

まぁ、原因が分かって、良かったのですが、

 

その後、が大変。

 

 

下の階に謝りもワタクシが主体で対応。

 

施工会社はエビのように腰を折って、後ろ向き。

 

 

その後は、

 

「ユニットバス使用禁止」

 

となり、気軽にお風呂に入れず。

 

遠い銭湯や、プールのシャワーを利用して、対応。

 

 

後は、

 

「施工日が全然決まらない」

 

まずはシャワーを浴びれる環境にして欲しいけど、

 

職人の手配がままならず、

 

施工日が決まらない。

 

 

そんな忍耐を強いられる状況でしたわ。

 

---- つづく ----

NO IMAGE

自宅の漏水事件 その2

結局原因が不明ですが、

 

ウチのリフォームの際の問題じゃないか?ということで、

 

新設したユニットバスが問題じゃないの?ということで、

 

壁を開けて中を確認すると・・・・

 

 

なんと、ユニットの配管と、下水の配管が接続ではなく、

 

隙間があって、そこから何かのゴミがたまったせいか、

 

水が流れず、結果的にユニットバスの下に水が貯まり、

 

そこがあふれて水が漏れたとのこと。

 

#分かりにくいような、この説明・・・・

 

 

結局、原因は、「ウチのリフォーム」ってことで、

 

急いで、施工請負と施工した水道業者に連絡。

 

実際に見てもらうことになりました。

 

---つづく----

NO IMAGE

自宅の漏水事件 その1

この3ヵ月間で、色々ありすぎてしまってますが、

 

結構ダメージ大きかったのは、

 

「自宅物件の漏水の件」。

 

ことの起こりは、1ヵ月前。

 

突然、管理室から、

 

「下の階が、水漏れしているんですが、グスタフさんのところ、

 

みずだしっぱななしじゃないですか?」

 

と疑われ・・・

 

当然ながら、結構気をつけて使っているので、

 

そんなことは無いと反応。

 

水道屋さんが来て、調査してもらうけど、

 

原因分からず・・・・

 

で、結局怪しい箇所を、いくつか限定して様子見。

 

その結果・・・・

 

-つづくー

スポンサーリンク