売られる別荘地軽井沢、買い手なく 創業者ら遠のき…

売られる別荘地軽井沢、買い手なく 創業者ら遠のき…

いやー、来ちゃってますね・・・とうとう軽井沢もブランド力の低下か・・・・

13号機を所有して思うのは、「別荘は負動産」ということ。

個人的に、相当お安く買った!と思ったんですけど、それでも毎年結構なお金が必要になりますな。

車の維持費位の金額で済んでいるし、月2回以上使っていて、色々と活用しているほうだけど、宿泊という点で、年間コストだけみると、温泉宿に泊まっている方が安いんじゃない?と思います。

ここで考えるのは、”逆張り”で「軽井沢で不動産を使って、一儲け」を企む視点かと。

ただ、こういうのは、現場の視点でのアイデアがないと、難しい。都内で、椅子に座りながら、”!!!これだぁ!!!”なんてことは、アリマセン。現場重視じゃないとね・・・

一般的には、”民泊”みたいな構想でしょうが、軽井沢は行政が、相当厳しく禁止させているみたいだから、それは難しいかと。知り合いは、隠れてやっていたけど、どうなったのかなぁ?

”民泊”をガチガチに規制したから、この結果とも見えるんだけど、この問題は難しいねー。

軽井沢で、不動産を使ってのビジネス・・・・頭の体操として色々と考えます。


記事が良かったら、クリック御願い致します。

不動産投資ランキング

スポンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー