過去10年間 年利7%だったのか?

最近、自宅のメインPCが調子悪く、

困っておりました。

旧型のワークステーションタイプなんで、

ヤフオクで、同等品を落札。

で、必要部品を交換してました。

#ちなみに、元コンピューター関連技術者でして(汗

こういう時に、一番何が大切か?といわれると、「データ」。

PCのデータを、外部のHDD(NASっていう、ネットワーク型の置き場)に

データを退避しておりました。

ただ、NASの容量も、それほどでもないので、不要なデータを確認しようと

色々とチェックしてましたが、面白いものが結構見つかりました。

それは、10年以上前の、個人の資産表(笑。

その当時は、海外ファンドやら、ヘッジファンドなどを、相当深く研究していた時代で、

不動産をやるか?やらないか?も迷っていた頃です。

で、その当時の資産項目をみると、ほぼ紙100%(大笑

ただ、そのポートフォリオで

「年利7%で運用できるのか?」

という命題に苦しんでいた頃で、色々と10年以上先をシュミレーションしてました。

で、結果的にみると、自己資産に対して、その当時から平均年利7%で殖やしていき、

現在に至っているようです。

まぁ、この中には、労働賃金も入るので、純粋に投資でのリターンじゃないですけど(苦笑

10年前の資料とか発見すると、当時を懐かしく思います。

「どうしようか?」と苦悩していたことが、昨日のように思えます。

結果手的には、想定したとおりより、若干良い結果になっているようですが、

こういう過去の資料での振り返りって、重要なだなぁーとおもいました。

この先の10年の計画も、立てておこうかなぁ・・・・



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする