17号機購入物語 その9 -契約書って、意外とネットに落ちているもの・・・・-

さて、購入を決めて、先に進めないといけない17号機。

業者から見放されている結果から、

”そうそう、不動産って、個人売買OKじゃない・・・

そうなら、ジブンでやれば手数料もないので、お得じゃないの!”

という思考になり、色々と調査。

過去のブッケンの契約書を引っ張て来たり、ネットで調査してみる。

業者用は業法にも関わるので、定型的なフォームから各社変更しているが、

流石にこれは使えないなぁ~と。

一方で、個人売買の不動産契約書って、ネットにゴロゴロ転がっているわ・・・

有償のものもあるけど、無料で開放されているものも多く、何種類かダウンロード。

個人売買に関しては、本格的な契約書といより、”個人同士の覚書”程度な内容が多い。

”言った・言わない”の後々の言い争いを防ぐための、文章化みたいなもの。

今回は、色々と問題もありながら、こちら側がそのリスクを飲み込んでの売買。

後は、ローン特約じゃないので、基本路線を押さえた契約書に改定。

こうやって文章にすると、簡単そうに見えるけど、調査しながら色々悩む。

実は、グスタフは、色々と何社がで契約書関係も絡んだことがあり、国内・国外の弁護士や法務の人間と色々とやった経験があるので、押さえるべきポイントは、普通の方よりも理解がある方かと。

全くの知らないヒトだと、状況によっては、蕁麻疹でるのかなぁ?

この手のハナシって、抜け道を上手く塞ぎながら、問題が発生したときのカウンタープランも事前に考えておかないといけないから、結構神経使います。

後は、契約決済同時にするつもりで、その流れで登記の所有変更も、ジブンでやるかな?と。

そこのやり方も色々と調査していると、結構大変。慣れない仕事は、時間がかかります。

さて、1ヵ月ほどかけて、契約書のひな形を作成して、

”さて、売買ブッケンの情報も、登記簿の情報も写すかな・・・”

と確認すると、

なんと、建物の登記がない!!!!!!!

おいおい、また問題かよ・・・と、ゲンナリしました・・・・

(続く)


記事が良かったら、クリック御願い致します。

不動産投資ランキング

スポンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー