本業も地道に活動中ですが・・・

不動産だけでなく、色々やってますが、

今年になってから、

「転職活動」

を実施中。

家畜としての「サラリーマン」として何がしたいか?

というと、

”もっと偉くなって、ジブンの事業部門・日本支社を持ちたい”

という野望が残ってまして。

後は、

”そういう状況で、サラリーの実入りを上げて、セミリタイアの準備を早める”

という計画もあり。

今よりポジションを上げるためには、

外資系としては、日本の支店の上と話すのでなく、

本社の人間と話をしないといけないわけでして。

まぁ、英語はここ数年以前以上に鍛えておりまして、

今の勤務先でも、外人さんに指示出して動かす

みたいなことをやってますので、問題はないと

高をくくってましたが・・・・

見事、全部落ちてます(涙

フィードバックをもらうと、

「コミュニケーションは良かったんだけど、フィーリングが」

「経験値はあると思うが、別の人とやる」

とか。

なんなんだよ、それ!と思うような結果ばかり。

色々やっているうちに、これが原因かなぁーと。

外資系面接における見た目の大切さ – 男はイケメン、女はかわいいに限る?

すみません、イケメンじゃありませんよ(笑
最近、
「外見をきにしましょう」という記事が多いようで。
まぁ、そういう時代になったのかなぁ?と思う反面、
「ヒトがやる仕事の内容に、
 それほど価値が重くなく、
 むしろ外見とかに気を使う時代になったのかな?」
と思ってきまして。
色々考えているうちに、
「サラリーマンよりかは、セミリタイアの方が
 生き残るという視点では、正しい選択かな?」
なんて考え事をしたりして。
まぁ、難しい時代になりつつあるのは確かですね。



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする