アラフォー、アラフィフのよくアル話

バツイチ40代男性の家計を追い詰める「2つの支出」

この話の中で、「自己投資」の甘いワナについて触れてますが、未婚とか子供無しのカップルとか、この「自己投資」の割合多いと思います。

グスタフも、実は「自己投資」大好き派なんで、結構年間使ってますけど、ちゃんと役立っているのか?というと微妙なものが多いです(涙

昨年は、アマチュア無線4級とか取得したりしてますし・・・・

まぁ、これは狩猟免許取るときに必須だといわれておりますが、まだ猟銃免許持ってません(汗

今年取れるかなぁー。でも、アレも結構お値段が貼るしなぁー・・・・

##こういう無駄な投資が結構多いのも事実です。

10年以上前には、通信教育のMBAも受講してましたけど、その知識・経験は、どちらかというと不動産の経理関係だけ役立っているだけかなぁーと思います。これは実際、カネに結びついてる実感ありますね。

外人と仕事のやり取りするときのフレームワークとかで、知識が役に立つことはありますが、実入りと直接関係ないんです。MBA持ってますという神通力は、イマの世の中にはほぼ無いです。もし履歴書に書きたいのであれば、通信教育のやつでもなく、国内のでもなく、ちゃんと米国、欧州、アジアの有名MBAを受講したほうが良いかもしれません。でも、そんな状況でも、投資対効果は想像以上に低いと思います。それやると結構リスク高くなってしまっているんですよね、イマの日本だと。

英語とかの自己投資もよく聞きますが、「仕事で使わないのであれば、優先順位下げたほうがいい」とアドバイスします。仕事で使ってない人が、上手く喋れた状況は見たことないんですよね。後、語学学習って、最もコストパフォーマンスの悪い自己投資だと思ってます。ある程度のレベルまで時間がかかりますし。特に、日本人に英語って組み合わせは、最悪。電車の広告の英語学校の宣伝とかみると、”こういうのに、ムカシだまされたっけ?”みたいな感じです。

たまに通訳者と話もしますが、「通訳仕事前には相当勉強に費やしている」とのことで、語学って、やってもやっても追いつかないくらいのことが多いので、ずーっと続けるか?どこかで諦めて、そこそこでやっていくか?という選択が迫られます。

えっ!?ワタシ?勿論、ずーっと続けてますよ、未だに英語は。先日も、会議通訳の初級コースをトライアルで受けたし、英語の発音のコースとか5,6年続けてます。

それ以外にも、中国語とロシア語には興味シンシンですが、これだけ英語に時間とコストを費やした経験上、おいそれとは手を出せないですね・・・

これから10年くらいに、米国企業より中華系企業が、日本で幅を効かせていくと読んでます。高い給料を貰いたいのであれば、英語+北京語(普通話)は必須かと思ってますけど、どうなるんだか・・・世知がない世の中になりそうです・・・

コストがかかるので、全く自己投資をしない!すべて不動産・紙の投資に回す!と言うのも現実じゃないのも確かで。大きな会社では、ある程度の役に立つのか?わからんトレーニングは沢山用意してくれてますが、中小規模だと、”ジブンで学習”という状況だと思います。イマの日本だと、大学まででの習ったことと、実社会の必要条件が、かけ離れているので、理系の研究職であっても、なかなか厳しい状況ですよね・・・

後、自己投資とかの勉学って、ある種のエンターテイメントだと思ってます。まぁ、所詮は”遊び”なんですよ。習っていくと、面白くなってきたり、ジブンが偉く感じてキモチよくなったりします。その快感に、カネを出しているような、と最近思ってます。

ワタシも色々投資をしているのも、実は「自己投資」に回せるカネを作る、という目的もあったりして(汗。一気に学習のコストを抑えたら、余裕でセミリタイアできますが、それだと面白いんかな?とは思ってます。

ジブンの生活コスト+自己投資を、本来の投資でカバーできるよう、と日々努力中・・・

ムカシ、橘怜さんのゴミ投資家界隈では、”教育費が一番コストがかかる!”ということが叫ばれてましたが、ホント教育費お金かかります・・・

しかし、お子さんがいらっしゃる方は、ホント凄いと思います。お子さんの教育費は、自己投資と比べ物にならないコストが掛かる・・・その上、自己投資ができるのか?と考えると、凄いよなぁーと感心します(マジで


記事が良かったら、クリック御願い致します。

不動産投資ランキング

スポンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサー