「 5年経て思うこと 」一覧

NO IMAGE

5年経て思うことー備忘録 その7−


備忘録も、あと3回ほど、お付き合いを。


今回は、コレにしますか。

「不動産賃貸業は、

 永遠にイマが続くことはない、と

 心に命じるコト」

コレ重要。マジで(笑)。

またまた試験にでますシリーズ(笑)。


投資関係でいつも気になるのは、

「一般の投資家は、

 イマのスナップショットしか考えてない」

ってことでしょうか。



スナップショット?ナニそれ?


カメラとかで、写真を取ったときの状態のこと。

静止点みたいな意味かな?



株、FX、そして不動産の投資家も、

スナップショットしかみてないヒト多い。

その時点の状況が、永遠続く訳がないのに、

上手くいっていると思えるときには、

躁状態になるのが、投資家の悪い癖(笑)。

特に、不動産凍死は、

イマまで見た事無い金額が、

貯金通帳に書き込まれたりして、

「うっほー!!オレも勝ち組じゃないか!」

って思って、躁状態になりやすいかも(笑)。

#まぁ、

 突然やってくる税の重さとか考えると

 イマイチ喜べんハナシですけどねー。


不動産を、

事業として捉えるのであれば、

定期的な利益の創出と事業の継続性、

投資としてみるのであれば、

最終的な回収されるべきリターンの結果、

になると思いますが、

どちらも、

「先を読む」能力が必要とされる。

しかしながら、

中途半端に学習した投資家は、

イマの運営は

マニュアルや教科書通りに、

運営できても、将来は読めない。


将来のコトについての、

マニュアルとか教科書なんか、

存在しないので、

学習しようがないから。


市場の変化が緩やかすぎるので、

あまり危機感は感じてないヒトが多いようですが、

経営的には、危機感を持って、

将来的な対応が必要だと思ってます。

#本業でも、それで失敗したケース観てきているし。


冒頭のハナシじゃないが、

”イマの状況が永遠につづかない”

という認識は重要かと。

危機感を持っている経営層なんかは、

ホンマにパラノイアみたいなヒト多い。


グスタフ戦略として、

いくつか存在するのですが、

他の投資家さんと決定的に違うのは、

「細かいブッケンを、こまめに買う」

ってコト。#コレ戦略なのかな?

細かいブッケンを敢えて選ぶのは、

「将来的に入れ換えを遣りやすくする」

というのを主眼にしているから。


出口からの戦略と、

事業継続性を保つという観点から、

コノ戦略を取ってますが、

爆発的な加速度は無く、

結構しんどい場合もあるけど、

小回りが効いてきたかな?と

思ってます。


バラエティに富む

細かいブッケン達のおかげで、

運営ノウハウも色々と学習できているし。

後は、借り入れを押さえて運営しているので、

BSの見え方も悪くはないかな。

#まぁ、この辺は銀行の評価によりけりか。


安定した運営を心がけて実践しているけど、

それでも、

「この状況は、永遠にはつづかない」

と思い、ナニに進むべきか?

ナニを切り離すか?

を常に考えている状況。

そういう意味で、パラノイア的かな(笑)。


そんな不動産賃貸業って、

イマから参入するヒト興味あるのかな?

なんて思ったりしてます。


簡単じゃなくなっているような雰囲気かな。


でも、

逆にムズカしくなれば、

なるほど、

チャンスもあるってコトで(笑)。


そのチャンスまで、

資産のバランスや経営の知恵、

資金調達の技術を身につけて、

そのときが来たら、

ソッコーで動き出す。。。。



なんてね、たまにはカッコーいいこと言ってみてます(笑)。



NO IMAGE

5年経て思うことー備忘録 その6−


備忘録、まだまだ続きますねー。。。。


さて、

今回は、より率直な意見になりますが、

「不動産賃貸業だけで、食っていくのは、

 正直ツラいんじゃないの?」

というおハナシ。


5年間細々と遣っている中で感づいたことは、

”収入のバックアップのエンジンとして、

 不動産は最適だが、

 メインのエンジンとしては、正直心もとない”

ってことです。


なんとなく、

ハイブリッド自動車のモーターに相当するのが、

不動産賃貸業みたいな(笑)。

でも、

ガソリンエンジンないと、車として役に立たない、

という感じかな(笑)。


備忘録の最初にハナシをしたように、

”ビジネスモデルとしてビミョーな不動産賃貸業”

なんで、ビジネス(商売)としてみると、

市場の将来性が明るくない、

爆発的な収益性が乏しい、

という最大のネックがあるとは思います。

他に、

多額の負債を抱えて在庫を抱えるのと、

メンテナンスを含めた、

経費が必要になるのも

キビシい点ですよね。


経営という観点からすると

「定期的な実入りがありながら、

 要所要所で、粗利率の高い商品サービスで、

 爆発的な売り上げを得て、

 経営を安定させたい」

という理想論からすると、

賃貸業だけでは、不足かなぁ~とは思います。


ヒトムカシ前の、

不動産教材や情報商材も、

「粗利率が高く、短期で爆破的に売り上げがあがる

 商品販売」

ってことで、

不動産賃貸で生活される方々が

出しまくっていたのを思い出しますが、

上記の理由を、

身にしみていたんだろうとは思います。

後は、融資紹介のキックバックなど(笑)。

まぁ、アフリエイトみたいなモノに精を出すのも、

よーく分かります。



以前、

町の不動産屋さんのハナシをしましたが、

不動産に完全に関わるのであれば、

「売買」は外せんだろうなーと思います。

ただ、

人脈や地盤が無いのと、競合が多そうなんで、

ビジネスに継続はムズカシイような印象が。

不動産屋さん、結構つぶれますからねー。。


ワタクシとしては、

色々と他のビジネスの可能性を探ってますが、

いかんせん、上手くいった試しがない(涙)。

でも、

不動産以外に副業ビジネスは必須!

と思う気持ちが、

不動産賃貸業に長く関われば関わるほど、

強くなっており、

「不動産賃貸業での独立も、

 サラリーマン稼業とおなじで、

 安住の世界ではなかった」

という、意識があります。


”バラ色の世界を夢見て、

あの地獄の世界からヌケだして、

 安住の地に着いたとおもった。

 暫くは、快適な世界を楽しんだが、

 その場所にも、違うカタチで、

 別の地獄が待っていた”

なんてならないように、

気をつけましょう(笑)。

NO IMAGE

5年経て思うことー備忘録 その5−


備忘録、続いてます。

今回は、メンターのハナシ。


ブッケン購入から5年ほど経てますが、

その前の2、3年は、

不動産教材やらで、お勉強してました。

少ないですが、セミナーなんかも

参加してました。


そんな中で違和感ばりばりだったのは、

メンターのハナシ。

”メンターがいないの成功しない”

というのは散々聞かされたのですが、

”???”と思ってました。


書籍は教材で、参考にする方々は、

ワタクシにもいますが、

メンターというのは居ません。


グスタフ語録では(笑)、

「投資っていうのは、

 儲かっているときには、

 ヒトが集まり、絡み合い、

 仲間として、和気あいあいとなるが、

 損を理解した途端、

 ヒトは痕跡も残さず、消えてなくなる」

っていうのを身にしみているので、

メンターとか、どうなんだろうか?と

思います。

後は、

「投資っていうのは、

 ジブンで考え、切り開くもの。

 ヒトに教わるものではない。

 安易に教わったものは、

 必要な時には、

 ナニも役に立たない。」

だと思ってますから。


成功も失敗もジブンが

かぶるものですから、

安易に学ぶのは、よくないなーと思ってます。


ジブンの趣味で不動産を続けられたのも、

ジブンで考えて、ジブンで行動した結果だと思ってます。

#この先、つづけられるか、分かりませんけど(笑)。



スポンサーリンク