「 セミリタイア関連情報 」一覧

NO IMAGE

セミリタイアには、いくら必要なのか? その4


なんとなく、イマのワタクシが思う

個人的な不動産を利用した

最低限のセミリタイアの条件って:

1.キャッシュフロー50万円以上。(生活費の倍!)
  ※ただし、負債比率は100%以内!?

2.1年間分の税金等を賄えるキャッシュを確保。

3.不動産意外の資産(株、ファンド)もある程度保持

なんていう感じなのかも。

モチロン、

毎月100万円のキャッシュフローがあれば十分なんでしょうが、

負債比率もコントロールしながら、進めると、

無理して借り入れして増やしていくのも、

後々苦しくなるのは目に見えているし。。。


そんなんで、こんな条件出してみました。


毎月50万円も無くても良いかなぁ~と思うのですが、

生活費より、不動産の購入資金や、修繕費の積立を

考えると、コレでも少ないかも。


不動産の資産も、どの位あれば、足りんだろうか??


よーく考えると、ヌケはありそうな、条件ですな。。。

NO IMAGE

セミリタイアには、いくら必要なのか? その3


今回の実験を観察すると、

生活自体は質素なんで、

突発的なコトがなければ、

20万円くらいで、

そこそこ普通の暮らしができるんだなぁ~と。

30万円以上あると、かなり余裕じゃないかと。


そういえば、北の大地の有名大家さんの本から、

リタイア時の表面利回りを計算したら、

なんとなく、40-50万円の間だったような。

実家住まいのようでしたので、

そんだけのキャッシュフローがあれば、

ダラダラ暮らせそうな。。。


ただ、

保険、税金については、1年間ついて回りそうな感じで、

少々厄介ですね。


最近知り合いにリストラされたヒトタチも増えていますが、

一気に請求がくる地方税、年金関連で痛手を被るそうで。


ここら辺は、1年間分の支払いができる資金は

貯めておかないと、ムズカシイかも。。。


NO IMAGE

セミリタイアには、いくら必要なのか? その2


先月の生活費ですが、

なんと約25万円の支出!

Tokyoの借家住まいの家賃込み。

昼食は、仕事仲間との親睦を兼ねて、外食。

週1回の、カイシャ愚痴が飛び交う飲み会も入ってます。

それで、25万円!?

もっとセーブすれば、今のままで20万円に近づけられそうですし

住居費と外食をセーブすれば、20万円以下に余裕で収まりそう。


でも、サラリーマン稼業なんで、無理した節約は、

支障がでるかもしれませんので、ここら辺でセーブしておきます。


しかし、経済、デフレのままで良かったんじゃないか?と

めまいを覚える支出です。


まぁ、当然ながら、

税金、保険を入れれば、それなりの額にはなるんですけど、

#この支出より、大幅にそちらの負担が高いですね。。

スポンサーリンク