罪作りな不動産・・・それは「別荘」

グスタフは、

20年以上前から、

「自然にあふれた土地に、

 ジブン好みの建物を持って、

 優雅に暮らしをしてみたい」

と思ってました。

それが、今の不動産活動の原点になっております。

#今でも、ドームハウスの建築物に憧れあるんですよ・・・

なので、当初は、

八ヶ岳、軽井沢、千葉とかの別荘ブッケンを

よく見てました。。。。

そこからの流れで、

こういう大屋業に流れるのですが、

別荘を調べれば、調べるほど、

「コレは、誠の”負”動産だ」

と思っております。

”負”動産の理由としては:

1. 毎年の経費がかさむ。

    水道代、電気代、ガス代にプラスで、

    管理費、権利金やら、

  固定資産税、保険も掛かる・・・

2. 案外、利用してないケースが多い

    都内から軽井沢の別荘なんて、

  聞くと、年一回くらいが当たり前なそうな。

  結構遠いですからねぇ・・・

3.永住に向かないのか?

  定年後は、別荘を利用して、、、、

  なんて甘い考えで移住して、

  地元民との軋轢やら、

  雪とか自然災害やら、

  虫や動物に悩まされたり、

  買い物、病院などの施設に遠く、

  かなり不便で結局で戻りになる、とか

後、極めつけは、

4. 売却しようにも、全く売れない・・・・

  有名どころの軽井沢でも、

 かなり安くないと売れない模様で、

 損は当たり前

 その気がないと処分できない

などと、

まさに、これからくるであろう、

”負”動産 ジゴクぅー!

の極みが、別荘でアリマス。

そんなこともあり、

ワタクシ自身、購入する気はなかったのですが、

やっぱり憧れもあり、

もっと年寄りになって、

購入して失敗するより、

とりあえず、

トータルのランニングコストも含めて、

新車1台分の金額で

なおかつ、自宅から1時間半以内で

アクセスできる場所で持てればと

思ったのでアリマス。

今回は、

A. 総額15万(借地代が一番高い)のランニングコストとなる

B.自宅からクルマで1時間半。月一利用検討中。

C.場所が、ど田舎なので、永住する気もナシ。

  ただし、水も電気もあって、住める環境なので、

  何かあれば、永住的に利用はできるようになっている・・・

D. 利用は15年限定で、

  借地権者からも「建物はそのまま引き取るよ」

  とのハナシもあるので、処分はしやすい

ということで、購入に至りました。

本当は、土地を購入して、

ジブンでスモールハウスを建てる企画で、

「趣味の”負”動産 Ver2.0」

なんて思っていたのですが、

上手くいかないもんです。

大家業の合間に、

こちらの”趣味の不動産 別荘番外編”も残しますんで、

よろしくです!



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする