都内新築 6%は当たり前!!


先日、

銀行から紹介を受けた業者と打ち合わせ。

会社の近くに来てもらい、挨拶がてらブッケンのご紹介。

何が出てくるか?と期待したら、

「極上のロケーションに、築浅、もしくは新築一棟もの」

をご紹介。

うわぁー、億超えているよ(汗

で、利回りは、6%ばっか(汗汗

確かに、そんな場所に集合住宅立てたら

固い運営できるでしょ!?

というブッケンばっか。

紹介受けて思ったのは、

「中長期的な空室率をどうみるか?」

という視点でみると、

そういう固い場所じゃないと難しいという示唆。

自己所有のブッケンも

10年ほどのスパンで見れば、

それほど悪くないけど、

それ以上の期間でみると、ビミョー。

なんで、フルローンで、30年、あるいは35年(!)

なんていうブッケンを考えるのであれば、

”空室率を高く維持できるロケーションにブッケンを確保する”

というのは、ある意味正しいのかも。

ただねぇ、表面利回り6%では、オーバーローンとかじゃ、

運営厳しいでしょう???

かなりインパクトを受けており、

考えさせられる内容でしたが、

いまいち踏み切れない状況ですわ。。。

しかし、あんなところの土地を持っている

あの業者は、恐るべしかな。。。



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする