グ論 その4 キャッフロー中心を追い求めるのが大家業


巷のブロガーさんは、

不動産投資家、大家、といろいろと自称されているけど、

グ論では、

大家 = 家賃収入での不動産業でキャッフローを追い求める

投資家 = 運営、売却を含めた全体の行為から利益を目指す

と考えています。

フルローンでRC買いました!

というのは、基本売却が発生しない限りは、

「大家」ってジャンルかと。

確かに、

自己資金の回収率は高いけど、

売却を経ないと、

まぁ結果はわからんですしね。

フルローン戦略も、

製造業やサービス業の施設投資の「借り入れ」と

同じ戦術ですし。

一方で、

規模は問わず、

運営+売却を繰り返して

最終的な利益を得ているヒトが、

やっぱ、投資家なんだろうなぁー、と思う。

売却を実施しないで、

投資家って言われても、

イマイチぴんとこないなぁー、と

思っていたんですけど。

投資家であれば、

最終的な利益で、プライベートファンドの利回り越えないと

投資家って呼べないような。

そんな視点で考えると、

加藤さん(CF101)、松田さん、

あかちゃんさん、大黒天人さん

とか、意外に「大家っぽい」ヒトの方が、

運営+売買で利益確定しているようで、

ある意味まっとうな

「不動産投資家」っぽいかも!?

残りの有名人も

「不動産投資家」と言いながら、

実際は大家業であったり、

「おらは、大家だ!」と正々堂々と胸張って、

運営を地道にやるヒト達

の2パターンがあるかなぁー。

ちなみに、

グスタフは、不動産投資家じゃなくて、

大家業者ですね。

売却して、数年で元金が2倍になったら、

胸張って、投資家って言ってみるかな!?

まぁ、こんな定義は、

あくまで個人の考えなんで、

こんなのもあるねー、と

思っていただければ。



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする