ライバルたちが、頑張るの見て


5月までの最後の繁忙期の中、

7号機のライバル達をチェック。

同じ階の、スカイコー○は、賃貸付け成功の模様。

一報で、高層階の方は、1000円の値下げで対応中。

やはり、

賃料を下げる、という戦略が一番効果的なのか。。。。

ビジネスとしてみるとビミョウですよね、

賃料をさげるというのは。

安売り合戦の叩き合いでは、

長期的な運営は簡単ではないですし。

さて、この階には、新しいライバルさん登場。

なんと、同じ高層階ですが、

1.5万円もアップした賃料で絶賛募集中。

なんだろうか?と見てみると、

やはり家電、家具のサービスで提供。

テレビ+テレビ台+DVD
洗濯機
レンジ
冷蔵庫
ベッド
机+イス

スゴい、てんこもりじゃないの! 

でも、ちゃんと礼金は1に設定。

1.5万 の24ヵ月として見ると、36万か。。。。

上記を中古品やらで購入すれば、

15万円以下で用意できる???

その上、経費で消耗品として設定できれば、

節税にもなる?

このブッケンも、要チェッケらです。

しかし、後6-7000円は下げないと

決まらんだろうなー。

今回の件を見て、

ワンルーム運営の行く末は、

1. ネットの上での検索に引っ掛かるように最安値で対抗

2.家具、家電サービスで、入居者にアピール+付加価値戦略

って傾向が、徐々に浸透されてくるでしょうね。。。

2の戦術に関しては、

ワタクシの研究不足もあるので、

イマの選択肢には無いんですけどね。

問題は、

”入居者の負担が少ないブッケンほど、

 退去もしやすい”

という傾向はあるかと。

コレに対抗する策はムズカシイし。

また、

”備え付けの器具、家電のデザインから

醸し出される空間、雰囲気は、

アクセントクロスより、

好みが分かれるのでは?”

と思ったりしてます。

生活空間は、

「快適さ+便利さ」

を求めるものであるけど、

部屋だけでなく、空間のバランス、

備え付けの器具のデザイン、色とかは、

“快適さ”を醸し出す重要なアイテム。

ヒトそれぞれのコダワリがあるから

スタンダードポイントをドコに置くか?

に対しては、ジブンの中では解は無いですな。

「ワンルームでの生活空間では、

 その空間に最適なデザインとサイズの

 家具やユーティリティを用意すべき」

というポイントは、色々と研究してまして、

この部分が、グスタフの不動産運営での

差別化にならんかなー、と日々調査はしてますが、

簡単じゃないなー、と思ってます。

ライバルさんを見て、

そんなコトにモウソウに耽ってました。。。

 



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする