飢餓が広がる米国か!? その2

飢餓が広がる米国

飢餓のコトは、

むかし数冊の本で調べたことがあるのですが、

ちょっと意外な視点があったのは、

「生産量の低下が一番の原因であるが、

 市場への流通、インフレの経済的な

 側面も、飢饉の被害を拡大化した」

というコト。

日本の場合、

江戸四大飢饉

なんて、コワーい大規模な飢饉が発生していますが、

一部での地域での、生産量が極度に減ることにより、

米等の食料のインフレを引き起こし、

そのダメージが

対策を建てようとする各藩(地方自治体?)の財政に

大きく影響し、余計に米等の買い付けに影響し、

結果的に飢餓対策もままらならず

一揆が拡大し、余計に混乱してしまう、

という展開のようで。

今回の米国の飢餓というのは、

それほど深刻ではなく、

食料生産の問題よりも、

「経済施策」の問題かも!?

いや、ヒトビトの心構えが問題?

投資を行うことにより、

この手のハナシも、

違った側面が見えてくると思ってますし、

投資によって、

「経済ゲームでの生き残り術」

を身につけないと、

ちょっとヤバいかなぁ~、

なんて思いました。



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする