QE3から金本位制に移行期間か?


#ブログ読者が減るかもしれませんが、
 備忘録として書いておきます。
 後から、ブログで書いたことが、
 個人的に重宝するケースが多々あるので。
 
先日のヘリコプター・バーナンキ議長が、
自説の通りQE3(量的緩和第3弾)実施で、
お金をバラまいております。
$趣味の不動産

市場は騒然。
”これで、景気が回復だ!”と思うでしょうが、
案外効き目は続かず、逆にドルの価値が下がってしまい、
ありゃりゃ、経済政策失敗!?
ハイパーインフレとはいかないけど、
食料品、オイルなどの生活必需品は高騰、
突然の値上がりで、消費者も産業界もついていけず、
消費は冷え込み、経済停滞。
おまけに、刷りすぎたドルの価値は下がって、
どこにも投資がまわらず、
タブついて困ってしまう。。。
バーナンキ議長の戦略を採用したオバマ大統領に
非難轟々で、時期選挙は完全に苦戦し、
ロムニー氏に決定。
共和党は、
既存ドルについて、新券発行も含めた
金本位体制の移行をぶち上げて、
事態を収集しようとするが、強行突破な感じ。
コレにより、インフレからデフレに急降下、
市場、消費者、産業が追いつかず、
各セグメントで混乱。
なんてシナオリなんですかね。
この共和党の方針だけだと、
ちょっと弱いので、
中東の混乱収集のための軍部の派遣も
あるのかなぁ~。
シリアもしくは他のアラブ諸国への派兵?
うーん、
今回の流れは、少々出来過ぎな感じなんで、
ジブンでもあんまり信じてません。
ただ、最悪のシナリオは考えておかないと。
問題は、上記の流れが、
* 円高から円安、ハイパーインフレの流れに
 どのように影響するか?
* 国内の低金利政策に、どのような影響を与えるか?
ですかね。。。
領土問題からの日本の信任は下がってますし、
各付けも韓国より下がってますし、
色々な罠は仕掛けられているとは思いますが、
問題は、どのような形で引き金を引かれて、
どんな結果になるのか?
うーん、やっぱ予測がつかない
##あくまで、現時点の仮説・備忘録なんで。。。



記事がよければ、クリックお願いします!




人気ブログランキング





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする